不動産売るタイミング【家を売るベストな時期】まずは無料査定で相場を☆

不動産を売ろうかと考えている方でタイミングはとても重要です。高く売れるかそれとも安く売るのか時期もひとつの要素です。まずは無料査定で今相場はどうなのかを知ることも今後の行動の目安となるでしょう。

不動産を売る時期

2017年02月13日 15時46分

  1. 市場価格を知った上で売り時を見極める
  2. 不動屋会社もつかめない売り時
  3. 新築物件が高く売れるのは常識だけど
  4. 投機対象になる不動産をお持ちの方へ
  5. キレイな物件は高値になる?

市場価格を知った上で売り時を見極める

様々な理由で不動産を売ろうと言うとき、できれば少しでも高ければ嬉しいことです。
もし売る時期に余裕があるのなら、下調べをすることをお勧めします。
簡単に行えるのは、近所の不動屋会社にいくことと不動屋一括査定サイトなどの確認です。

市場価格を正確に知るのは不動屋会社での聞くのが良いです。
サイトの場合は、多少高めの設定になっていることが多いですから、両方の方法で確認される方が良いです。
実際の価格について訪問査定をしてみないとわからないのですが、とりあえず大体の数字を知ることができます。
訪問査定などで、不動屋が提示する価格で納得が出来れば契約ですが、その後の動向について聞いてみましょう。

このご時世ですと、不動屋評価額が上がることはあまりないと言われています。
ですから、今ですよとけしかけられることもあります。
そんなときには、複数の不動屋会社に査定をしてもらい、同じ質問を行い対応が良いところに決めるのも一つの手です。

不動屋一括査定サイトで訪問査定を依頼した場合には、当然自社以外の不動屋会社も来ていることは承知しています。
そこで、うり時はいつでしょう?の質問で誠意ある対応のあるところが理想です。

そのまま不動屋が買い取る以外、これから書いてを見つける売却活動をしなくてはならないのですから、不動屋会社との長い付き合いが始まります。
 
▲メニューに戻る

不動屋会社もつかめない売り時

不動屋市場では、この時が買い時・売り時と要因が少なくなっていると言われています。
以前なら、引っ越しシーズンの3,4月入居を目的に、10月くらいから問い合わせが集中することも多いとされています。
しかし、現在は不動屋を探すのには、インターネットを使用することで、1年を通して中古の一軒家やマンションを供給し続けています。
定期的にチェックをすることができることから、秋になったからそろそろということもないようです。

ですから、売る時期に関しても、いつでも広告を出すことで、売れやすいとも言えますし、同時にだぶついている?と不安なことも考えられます。
このだぶつきに関しては、同じように考えている方がいる場合、不動屋会社としても売却活動が難しい見解があります。
できれば、重ならないような配慮も入れるのですが、AとBの不動屋会社が似たような物件を同時期に扱う時、売り手の配慮などで差がつくこともあります。

マンション売却の市場価格においては、まずは買い手がつかなければ問題にもなりません。
1000万円で売却する場合は、1500万円とか、1700万円程度の市場価格をつけることになりますが、それがダメなら値下げも考慮します。
もし同じような物件が重なるようであれば、不動屋会社としてもオプション付加なのか、値下げなのか、その判断も分かれるところです。
一応妥当価格での売却活動になりますが、1ヶ月以上音沙汰がない物件に関しては、次の行動に出ることもあります。

こうしたライバル物件がない場合部も、なかなか売れないこともあります。
こればかりは、時の運とか言いようがないのですが、そんな時に的確な不動屋会社の対応も確認することが必要です。
▲メニューに戻る

新築物件が高く売れるのは常識だけど

不動屋の売値は新しいほど高いのは当然のことです。
高く売る事は大切なことですが、新築してすぐの場合は、ちょっと待ったになります。
最初から買ってすぐの売却目的での購入をする方もいないかもしれませんが、投資目的だったり、何かの事情で手放す場合の知識として知っておいた方が良いことがあります。

それは、新築の一軒家やマンションの場合、数年間は固定資産税が軽減されます。
その恩恵がある間は、その後の経費も考えると、売却しない方が良い場合も少なくないのです。
ですから、売却目的である場合でも、新築から3~5年立ってからが、コスト的にもベストで、売値も高くできるとされています。
新築5年目のマンションで、あまり生活感のない内装で査定をされた場合、高い売却価格が期待できます。
希望売却価格も高くできるだけではなく、やはり新しい中古住宅に関しては、買い手はすぐ付くのが常識です。
既に新築ではないものを手にする中古市場ですが、俗に言う掘り出し物については、家庭としては目ざといでしょう。

一応、この新築を手にした時の留意点は覚えておきたいところですが、不動屋会社の査定が思いの他高い場合は、その限りではありません。
待っていたら、安くなってしまいますよというのなら、その後のコストを考えて、売り時を考えるのも良いですし、同時に他の不動産会社にも査定を依頼してみてください。
▲メニューに戻る

投機対象になる不動産をお持ちの方へ

不動産の買い手の中には、住むためのものではなく、投資対象として探している方も少なくありません。
これは一軒家やしろマンションにしろ、都会では投機対象としては旨味のあるものです。

2017年現在、首都圏を中心とした大都市圏では、マンション価格などが数年かけて上がり始めています。
これは、売却したい方にとってみれば美味しい話ですが、同時に投資しやすい環境が整っていうるとも言えます。
もともと投資として、不動産は安定した利回りがメリットとして人気があります。
ですから、自分の住んでいる中古住宅にしても、投機対象となるようなところであれば、売り方も変わってくることでしょう。

特に東京では、東京オリンピックが近づき、不動産評価額などにも影響が出始めています。
世間がなんとなくざわついている時にこそ、売却活動を開始できる準備をしておくこともお勧めします。

ただ一部地域の話なのですが、大都市圏での不動産評価額の上昇などについては、波紋のように全国にも影響を与えることだとされています。
地方では不動産投資はないものの、不動産の価値が上がることで、今が売ったら良いかも?というタイミングを考えてみるのも良いかもしれません。

それには不動産会社との相性もありますが、不動産一括査定サイトや不動産投資サイトなどを参考に、自分の不動産の立ち位置と市場価格などを見比べてみてください。
▲メニューに戻る

キレイな物件は高値になる?

不動産を売る時期に関しては、専門家である不動産会社の話を聞くのも大切なことです。
実際に売買している関係上、買い手の動向などは詳しいです。
何も不動産の知識がなく挑むのは大変なことです。

不動産一括査定サイトなどで一応自分の不動産の査定額を知った上で、訪問査定をしてもらった時に、大きなギャップがあることも多いです。
不動産会社としては、◯◯坪、築何年だけの情報でだいたいの査定額を算出しますが、細かな数字は物件を見なくてはなりません。

その時に、はっきり言って、汚く使っていたり、見た目で古さを感じられような物件では、これではその売値にもなりませんと言われてしまうことも少なくありません。
古いと汚いは違います。
どんな家でも年数が経てば汚さも出てきますが、それでも汚ければ直す、ペンキを塗ったり、一部リフォームなどを行うことで、印象をよくすることができます。

売り時はいろいろ言われていますが、時期は関係ないという方も少なくないです。
肝心なのは、キレイな物件があることで、そのような不動産の提供は、比較的早くに売却されることが多いとされています。
また、不動産を早く売りたくて、多少直さなければ入れない中古住宅の場合、リノベーション対応の売却も可能です。

しばらく誰も住んでいない実家の一軒家やマンションなどの場合はこうしたことも考えられます。
早く売りたけれど売値を下げて、高く売りたければキレイにして、というのも不動産売却には大切なことです。
▲メニューに戻る