不動産売るタイミング【家を売るベストな時期】まずは無料査定で相場を☆

不動産を売ろうかと考えている方でタイミングはとても重要です。高く売れるかそれとも安く売るのか時期もひとつの要素です。まずは無料査定で今相場はどうなのかを知ることも今後の行動の目安となるでしょう。

不動産売るタイミング

  1. 今は不動産や土地は売れない時代
  2. 時を知ることがポイント
  3. 土地を売り込む場合
  4. 土地だけではなく家も売りたい時
  5. 不動産を売りたいのかどうかの確認
 

今は不動産や土地は売れない時代

どんな事情にせよ、不動産売却に関しては、タイミングのとり方が重要です。
すぐに資金を得たいから、不動産を現金化できると言うのは、今の時代は難しいことです。
バブル期が異常であっただけで、本来土地を売る事ができるのは、買いたい人が存在していないと成立できないことです。

ですから、買い手がつきそうもない不動産の場合、売却はおろか、不動産屋も相手にしません。
「売地」の立て看板をたてるだけであとは買い手を待つだけが精一杯の営業です。

それぞれの土地には評価額が設定してあります。
ただし、その数字は希望価格を大きく下回ることもあり、不動産屋であまりのやすさに驚くほどです。
土地を売るのは簡単なことではなく、不動産屋等からの打診がある時以外は、現金化するのはムリ、もしくは安く叩かれるのがオチです。

もし、現金が欲しくて不動産を売ることをお考えの方は、その土地を利用して不動産担保ローンにすると良いでしょう。
ローンですから、利息は付くもののとりあえず、その土地の評価額くらいの現金は入用することができます。
そして、抵当権はつくものの、所有権を完全に手放すのではないので、ローン完済をしたのなら、再び完全に自分の不動産になります。
どのタイミングで売却と言うのは、不動産屋などとも相談をして、買い手が付きそうなときを狙うのが賢い売り方です。
仲介に入る不動産屋にしても、その方が儲けが多いのですから。
▲TOP

時を知ることがポイント

不動産や土地を売却したいときには、とりあえず今の景気の見極めが肝心です。
景気に左右されやすい市場価格は、少なくとも景気が良い時が売りときです。
ただし、その土地の付近にスーパーが建設される、会社ができる、再計画の範囲内などの話題がある場合には、売却活動は早めに開始したほうが良いでしょう。

土地の売却に関しては、都市部と地方では格差があります。
価格だけではなく、どうしようもない空き地が点在する地方では、固定資産税は安いものの余っている土地がゴロゴロしています。
しかし、それが急遽建設物の噂がたつと同時に不動産屋が動き出します。
信じられないくらいハイスピードで、土地売却の話が進みます。

その時を見極めることがとても大切で、相場以上の希望価格での売却を狙っているのなら、アンテナを張り巡らせておくことが必要です。
閑散として寂しい土地であっても、大型ショッピングセンター建設となると、山野でも高く売却できると言います。

住宅だけではなく、土地を持っているということは売却できる財産があることですから、売却を狙っているのなら、時を知ることが何よりも大切なのです。
▲TOP

土地を売り込む場合

土地の売却は、不動産屋に持ち込むことになります。
どんな土地でも高く買い取りますという時代ではないのですが、少なくとも不動産屋として押さえておきたい物件はあります。

土地の持ち込みで、その周辺に土地購入希望者がいる場合は、すぐにでも売却ができます。
それも希望価格を高く設定したとしても、不動産屋がほしいのですから、ある程度の希望はかないます。

その時に、急いで売りたいは禁物です。
足元をみられ、価格が下がることもあり、とりあえず様子見をしているという態度で、余裕を持って取引をしましょう。

物件売却の最終的な目的は、だれでも高く売りたいです。
そして、不動産屋は少しでも安く買いたいです。
そのせめぎあいになりますから、立場としては売り手の方が優位に立ちます。
買ってもらうのではなく、売ってやるの意識を持つことが、希望売却価格に近づけることができるコツです。

ただし、市場価格を知っておくこと、時を知ることも大切です。
とんでもない価格提示は相手にもしてくれない可能性があります。
評価額を確認後、近所の不動産屋などで売却価格を見て、それなりに勉強をしてから取引の場に立つことをオススメします。

また、土地売買には、様々な契約書があり、手数料がかかります。
その費用などについてもきちんと内容を確認した上で、どのくらいの経費で、結局土地売却によって得られる金額は確認しておくことです。

場合によっては、測量のし直しが必要な土地もあり、この場合、経費はかなりかかると言われています。
▲TOP

土地だけではなく家も売りたい時

家やマンション売却に関しては、不動産選びも大切です。
売却価格は少しでも高くしたいと思うのは当然ですが、個人ができるものではなく、不動産屋に仲介することになります。
そのエリアに強い、経営はきちんとしているか、営業はやっているかなどのチェック項目があります。
大手の場合の方が良い地域もありますが、古くから影響している地元業者の方が購入希望者リストが多い場合もあります。

景気だけではなく、その地域性なども関係しますが、話だけでもしてみることは是非行ってみましょう。
実際に不動産屋を決めるまでに何社か話だけでも聞くことで、だいたいの目安をつけます。
希望価格に近いところが良いですが、同時に評判も調べましょう。
口ばかりの不動産屋も少なくないですから、口コミなどは重要な情報源です。

また、中には賃貸提案をする不動産屋もいます。
確かに、売却だけではなく、賃貸経営となると、話は変わってきます。
実は住宅ローンの返済中だったり、立地が良い土地とマンションの場合、持っていた方が良いケースもあります。
良いタイミングでの賃貸契約の話が出る不動産屋の存在はかなり大きいかもしれません。

ご近所でも持ち主が変わって、売却できたと思っていたら、実は賃貸にしていたという話もあります。
しかし、当然利益が出るところでなければ駄目ですし、そうした顧客がいる不動産屋だからできることです。

土地やマンション売却に関しては、不動産屋の腕一つで、その後が変わってくるのです。
▲TOP

不動産を売りたいのかどうかの確認

不動産売却の動機はそれぞれです。
ライフスタイルの変化、新しい土地の購入などもありますが、現金化したい場合は、売却だけがベストな選択ではないといえます。
それも借金の返済に回したいのであれば、売却ではなく不動産担保ローンなどの方が良い場合も多いです。

売却は手放すことですが、不動産担保ローンはローン完済をすることで、手放すことはありません。
そして、もし返済が苦しい時に、その不動産で返済をする仕組みになっています。
その売却の目的によって、土地活用は変わってきます。

そう提案するのは、市場価格が売却ができない可能性もあるからです。
現在日本全国土地や建物は余っていると言います。
なかなか売れない、取引はあったとしても一部の地域の場合が多いのです。
買い手がいなければそのままになってしまう不動産ですが、現金化したいのであれば、担保にできる大きな財産です。
ですから、売れる時ではない限り、売却そのものをしないか、お金がほしいのであれば不動産担保ローンがオススメです。

また、土地だけではなく、マンションや家がある場合には賃貸の形もあります。
家族が減り、自分だけで住むには大きな家だから売却したい場合など、そのまま賃貸をすることで収入を得ることも可能です。
そういった事は、その土地に詳しい不動産屋に相談をしてみることです。
売却したとしても、買い手がすぐにつかないのであれば、あまりおすすめしないです。
▲TOP